旭化成株式会社
サランラテックス
サランラテックス とは?
サランラテックスのグレード紹介
サランラテックス取り扱い上の注意
サランレジン
サランレジンとは?
サランレジンのグレード紹介
サランレジンのフィルムへの塗工について
サランレジン取り扱い上の注意
Haloflex (DSM NeoResins+)
Haloflex とは?
Haloflex のグレード紹介
Haloflex 取り扱い上の注意
FAQ
お問合せ
HOME
HOME > サランラテックスTMのグレード紹介
[2]サランラテックスTMのグレード紹介
(1)基本物性と適用例

グレード名 ラテックス基本物性 用途 特徴
固形分
(%)
pH 粘度
(mPa・s)
表面張力
(MN/m)
最低成膜
温度 (℃)
L509 50 3 10 38 12〜18 フィルムコート用 低温ヒートシール性、柔軟性
L536B 49 2.5 15 37 16〜22 フィルムコート用 耐ボイル・バリヤー性
L549B 48 3 10 36 12〜18 フィルムコート用 高バリヤー性
L411A 49 2 20 39 12〜18 紙コート用 低染み込み性
L123D 49 2.5 15 36 34〜39 ロックバインダー用 高耐変色性
L106C 50 2.5 12 39 0〜5 紙内添・難燃バインダー用 低変色、柔かい風合い
L131A 55 4 10 30 12〜18 難燃バインダー用 高難燃性
L140A 50 3 9 38 12〜18 ウレタンフォーム含浸用  
L232A 48 2 10 62 10〜15 防錆塗料、防湿塗料用  
注)上記の数値は、代表例であり規格値ではありません。
注)掲載グレードは予告なしで廃番となる事があります。
(2)フィルムコート用グレードの塗膜物性

グレード名 酸素透過率
20℃高湿下
(mL/m2/0.1MPa/day)
水蒸気透過率
40℃90%Rh
(g/m2/day)
インキ密着性 特    徴
防湿セロハン用インク 汎用ウレタン系インク
L509 9 10 低温ヒートシール性、高柔軟性
L536B 4 6 耐ボイル性、高バリヤー性
L549B 2 4 高バリヤー性
(備考) 酸素透過率、水蒸気透過率は、塗布量5g/m2当たりの値

<塗膜物性評価時の注意>
サランラテックスTMコートフィルムは、塗工後エージング処理を行うことにより優れた性能を発揮いたしますので バリヤー性、耐溶剤性等が必要とされる用途では必ずエージング処理を行ってください。
上記の表の物性は、40℃2日間のエージング処理を行った時の代表例です。
▲トップへ


お問合せプライバシーポリシーご利用条件
旭化成株式会社