旭化成ケミカルズ株式会社
サランラテックス
サランラテックス とは?
サランラテックスのグレード紹介
サランラテックス取り扱い上の注意
サランレジン
サランレジンとは?
サランレジンのグレード紹介
サランレジンのフィルムへの塗工について
サランレジン取り扱い上の注意
Haloflex (DSM NeoResins+)
Haloflex とは?
Haloflex のグレード紹介
Haloflex 取り扱い上の注意
FAQ
お問合せ
HOME
HOME > サランTMレジンのグレード紹介
[2]サランTMレジンのグレード紹介
(1)F310 :最も溶解が容易なグレードです。
(2)F216 :バリヤー性に優れた一般的なグレードです。
(3)R204 :最もバリヤー性に優れたグレードです。 溶解する際には、加温する必要があります。
<フィルムコート用サランレジンの物性>

グレード 溶解条件(例) コート品の物性
溶剤組成 *1) 溶解温度 酸素透過率 *2)
(ml/m2/0.1MPa/d)
水蒸気透過率 *3)
(g/m2/d)
F310 MEK 20〜25℃ 18 38
F216 THF/TOL=2/1 20℃
MEK/TOL=2/1 70℃
R204 THF/TOL=2/1 50℃
*1) TOL:トルエン
THF:テトラヒドロフラン
MEK:メチルエチルケトン
*2) 塗布量 3g/m2
20℃約70%RHにて測定
*3) 塗布量 3g/m2
40℃90%RHにて測定
注)上記の表の物性で、F216、R204は40℃2日間のエージング処理を行った時の代表例です。
注)掲載グレードは予告なしで廃番となる事があります。
▲トップへ


お問合せプライバシーポリシーご利用条件
旭化成株式会社