旭化成ケミカルズ株式会社 Haloflexのグレード紹介
サランラテックス
サランラテックス とは?
サランラテックスのグレード紹介
サランラテックス取り扱い上の注意
サランレジン
サランレジンとは?
サランレジンのグレード紹介
サランレジンのフィルムへの塗工について
サランレジン取り扱い上の注意
Haloflex (DSM NeoResins+)
Haloflex とは?
Haloflex のグレード紹介
Haloflex 取り扱い上の注意
FAQ
お問合せ
HOME
HOME > Haloflexのグレード紹介
[2]Haloflexのグレード紹介
(1)標準グレード(Haloflex202):Haloflex202は、少量のアニオン乳化剤の使用によって安定化されたラテックスです。
(2)安定化したグレード(Haloflex299):Haloflex299はノニオン乳化剤によって安定化処理されたラテックスです。

  Haloflex 202 Haloflex 299
外観
乳白色 乳白色
固形分(重量%) 59−61 58−60
揮発分
pH 1.0−2.0 1.0−2.0
固形分の比重 (g/cc) 1.58 1.58
ラテックスの比重 (g/cc) 1.29 1.28
粘度 (ブルックフィールド,25℃,mPa・s) 30−90 30−90
最低成膜温度 (℃) 10−13 10−13
粒径 (μm) 0.2 0.2
粒子電荷 アニオン アニオン/ノニオン
水蒸気透過率 (g/25μm/m2/24h) 20 20
塩素含有量(固形分、重量%) 64 62

注)上記の数値は代表例であり、規格値ではありません。
注)掲載グレードは予告なしで廃番となる事があります。
▲トップへ


お問合せプライバシーポリシーご利用条件
旭化成株式会社